■TOP > ギャラリー > Benetton B192

■■■ Benetton B192 ■■■

■背景
 前年にジョンバーナードコンセプトで「なまず的な」ハイノーズを採用したベネトンチーム、結局ジョンバーナードが去って、出戻りロリーバーンがそのコンセプトをさらに昇華させたのが、このB192でした。ハイトのあるサイドポンツーンなんか、いかにもロリーチックじゃないですか! しかしこのハイノーズは当時結構「やりすぎてるんじゃないの?」って思って見てました。なまずから「バナナ」といった感じでした。ちなみにこういう造形って何かに似ていることが良くあります。フェラーリ641/2のノーズはアヒルだったし。

 B192はフラビオのビジネス交渉力もあってフォードHBの1stカスタマーチームでした。そういうこともあって、戦闘力が非常に高かった。前前年の電撃移籍から波に乗ってきたシューマッハががんがん攻めてました。CAMELカラーとベネトングリーンの2色塗り分けも、シンプルで好感でした。オンボードカメラが写ると、シフトアップタイミングで、デジタルウオッチからはずしたような、LCDのスピードメータ横の赤いLEDが光るのが印象的でした。


■キット
 このモデルからハイノーズモノコック表現のため、モノコックがスライド金型使用のワンパーツになりました。田宮のこういったチャレンジングなやり方は好きですね。タバコバリバリのCAMELスポンサーチームですから、当然CAMELデカールを追加で買わなければなりません。支出が多かった・・・。フロントウイング翼端板下のボーテックスジェネレータ(気流をコントロール)が大型化してきた時代です。キットもボリュームあって再現されてます。またアンダーパネルリアセクション(空気抜くところ)の造形がいかにもロリーバーンで見てて楽しいです。

■■■ 仮オープン〜もうすぐまとめるよ〜ん ■■■



-- 戻る --