■TOP > 楽器が好き > Blitz by AriaproU BLP450 ■■■ Blitz by AriaproU BLP450 ■■■

背景

 CSをザッピングで見ていたら「けいおん」をやっていた。なんだか流行っていたのは知っていたが、別に特別見たいっていうわけでもなく、まあ今まで来たわけである。さてそのけいおん、うわさ通りの面白さであった。

 家族は、女の子アニメを見ているお父さんにちょっと冷たい目を向けていた。特に息子は「俺はこういうアニメを見てあっちの方向に入っていったやつをたくさん見ている」なんて、わけのわかんないことを言っていた。しかしまもなくかみさんと娘がけいおんに陥落した。そして、なんだかえらそうなことを言っていた息子も陥落した。そして我が家はみんなで「けいおん」しているのだった。だいぶ遅れているけど・・・

 そしてある日、2階のスタジオで家族バンドをやろうということになった。息子はジャズベを購入。当然サンバーストである。そして娘はZO-3で遊んでいた。

 でもこうなると、楽器が好きなお父さんはちょっとレスポールが気になりはじめた。安物ギターを物色してみたら「Playtech」なるメーカーが安い見たいだ。しかしデタッチャブルネックだったり、安いなりに調整がめちゃくちゃだったりで、ちょっと買う気がうせた。で、同程度のもので「Blitz」なるものもあるのだった。聞いたこと無いメーカーである。ちょっと心配だったのだが、Blitzの後に書いてある 「BY Aria ProU」ってのを見てなんだか安心した。それにインプレッションもすこぶるよい。でも大人なので子供買いはしないのだ。

 でもなんだか娘がハードオフに行ってもいいと言い出した。ハードオフが楽器たくさんあるのをよーく知っているのだ。そのハードオフ行ってみたら「3連休は楽器2割引」なるセールであった。おお、こんなのはじめてだ。で、いつもよりちょびっと遠くのハードオフに行ってみたら、な・ん・と・Blitzのレッドサンバースト、程度極上があるではないか。価格は8,400円、なんだか安い。しかも、だ、ここから2割引いてくれちゃって6,720円!ウワァーオ、買ってまえ。

レビュー

 まず「軽い」。軽いといい。はじめて買ったGreco EG600はめちゃ重かった。うわさによると、内部はスカスカらしい。でも全体はアーチドトップだし塗装もいい状態で、全く申し分なし。しいてあげれば以下だけど、まあ価格とコピーライトとからいって文句は言えないのである。

・アーチドトップの周辺部の「返り」が弱い
・PU切り替えスイッチの固定ナットが本当に六角ナット(本物は○型)
・ブリッジのスタッドピン頭にマイナスねじが切ってある
・ヘッドの横方向の絞込みが強い
・トラスロッドカバーが3点固定で形がぜんぜん違う
・ペグの表側固定スプリングワッシャーとネット径がぜんぜん小さい

また付属のソフトケースというか、ギグバックがすぐれものだ。もともと着いていたのか、お店の人が間違えたのかは分からないが、エピフォンのものは最高だった。分厚いし、リュックサック型の両背負いだし、いい感じのところにフックが付いていてめちゃもち易いし。

 しかしだ、1〜3弦のペグに巻いてある弦が逆向きに巻いてあったのには驚いた。やっぱり初心者が使って痛んだなぁ・・・



■■■ ショット ■■■






↑ 目次へ