■TOP > アジアンワールド > インドネシア【4】

■■■ 南沙の海 ■■■

 紀伊半島を過ぎて真南に機首を向けた飛行機は、太平洋〜フィリピン海と飛んでいくのであるが、地面は見えないし空は雲が多いしつまらない。なのでスマホに入れていったCSIをガンガン見た。3時間後おもむろにフィリピン上空に差し掛かり、すげーフィリピン、と驚嘆した。


◆日本にもこういうくねくね川があるとうれしいね。やっぱり変わってのはくねくねしているのがいいね。

◆急に海に出た。どこだかわからないけどシートディスプレイによると蒲郡らしい。しかし周り人はほとんど映画やゲームなのだが、私だけ地図表示だ。どんだけ地図好きなのよ、と。ちなみにこういう地形をあとからGoogle Mapsで調べなおすのが楽しくしょうがないってのは、女性にはほとんど理解されないのね。




◆上が知多半島先端、下が渥美半島先端近くである。前に入社直後一人で紀伊半島一周したとき、朝一の渥美半島先端伊良子岬からフェリーで鳥羽に渡ったのが懐かしい。

◆これがその鳥羽。当時鳥羽水族館でしかラッコが見れなくて、ひとりで鳥羽水族館散策をした。一人旅ってのも楽でいいけど寂しかったなぁ。




◆志摩賢島から尾鷲のどこかだろう。このエリアはもう沿岸戦がくねくねギザギザでどこがどこだかわからないのである。国道で内陸を走れば楽勝であるが、2度ほどここを通った時にはあえて一番海側を走った。めちゃくちゃ大変だった。国道にでてガソリンスタンドに入っておじさんと話をしたら「よくもまああんなところ走ってきたねぇ・・・」と半ばあきれられたのが懐かしい。

◆海に出た。しばらくは外を楽しめない。まあ雲も好きであるが、今回はもくもくしている楽しい雲があまりないし、雲の上に出てすかーっと晴れた晴天を拝めたわけでもなかった。ブロッケン現象がちょっと見れたけど・・・




◆志摩賢島から尾鷲のどこかだろう。このエリアはもう沿岸戦がくねくねギザギザでどこがどこだかわからないのである。国道で内陸を走れば楽勝であるが、2度ほどここを通った時にはあえて一番海側を走った。めちゃくちゃ大変だった。国道にでてガソリンスタンドに入っておじさんと話をしたら「よくもまああんなところ走ってきたねぇ・・・」と半ばあきれられたのが懐かしい。

◆海に出た。しばらくは外を楽しめない。まあ雲も好きであるが、今回はもくもくしている楽しい雲があまりないし、雲の上に出てすかーっと晴れた晴天を拝めたわけでもなかった。ブロッケン現象がちょっと見れたけど・・・




◆志摩賢島から尾鷲のどこかだろう。このエリアはもう沿岸戦がくねくねギザギザでどこがどこだかわからないのである。国道で内陸を走れば楽勝であるが、2度ほどここを通った時にはあえて一番海側を走った。めちゃくちゃ大変だった。国道にでてガソリンスタンドに入っておじさんと話をしたら「よくもまああんなところ走ってきたねぇ・・・」と半ばあきれられたのが懐かしい。

◆海に出た。しばらくは外を楽しめない。まあ雲も好きであるが、今回はもくもくしている楽しい雲があまりないし、雲の上に出てすかーっと晴れた晴天を拝めたわけでもなかった。ブロッケン現象がちょっと見れたけど・・・




◆志摩賢島から尾鷲のどこかだろう。このエリアはもう沿岸戦がくねくねギザギザでどこがどこだかわからないのである。国道で内陸を走れば楽勝であるが、2度ほどここを通った時にはあえて一番海側を走った。めちゃくちゃ大変だった。国道にでてガソリンスタンドに入っておじさんと話をしたら「よくもまああんなところ走ってきたねぇ・・・」と半ばあきれられたのが懐かしい。

◆海に出た。しばらくは外を楽しめない。まあ雲も好きであるが、今回はもくもくしている楽しい雲があまりないし、雲の上に出てすかーっと晴れた晴天を拝めたわけでもなかった。ブロッケン現象がちょっと見れたけど・・・




←前に戻る ↑ 目次へ 次に進む→