■TOP > ロンドン博物館探検 > いいねぇ科学博物館

■■■ いいねぇ科学博物館 ■■■

 ビクトリア&アルバート博物館はちょっと私にはマッチしないって言うか理解度が低いって言うか、つまりつまんなかったわけです。でも地図を見ると近くに「科学博物館」があるではないですか。では行くっきゃありません。


【#287】scienceって文字が分かりやすいですね。

【#288】入り口はびっくりするほど狭くてあっけないものでした。




【#289】入るなりジャンル別に展示がなされています。まずは産業の歴史を学びましょう。これはなんだろう?なんかの蒸気システムでしょう。イギリスの産業革命だぁ。

【#290】と思っていたりしたら、なんだ星条旗か?アポロですね。つまりイギリスに係わらず世界各国の科学と取り上げているようです。




【#291】これは宇宙服です。気圧維持や酸素やらいろいろな気体をこの口からつなぐのですね。F1のタイヤホイールナットを同じで色分けして間違えないようにしてあります。

【#292】ロケットのジョイント




【#293】おお、蒸気機関車?くるま?

【#294】これを見てテレンスを思い浮かべる人はトーマスマニアですよ。でも正面にあるのはフェラーリのマークに似てるぞ。




【#295】飛行機好きにはたまらんでしょうね。でも私は飛行機には興味ありませんので「ふ〜ん」って感じです。

【#296】このクローム仕上げの外装ってが、ちょっと怖さを演出してません?




【#297】現代のブースに来ると、なじみのある昭和男があこがれたものがたくさんあります。ストラトとかモーグとかレコードプレーヤもあるぞ。

【#298】おおお、もっとなじみ深い。マックは別にしてもスーファミは皆さん持ってますよね。ゲームボーイまであるぞ。




【#299】す・すごい。パッチ式のシンセサイザだ。

【#300】と、次のエリアに向かったらなぜかF1が置いてあるのです。頭の中でサンダーバードの歌が流れました。血が沸騰してきました。でもなにやらおかしい・・・







←前に戻る ↑ 目次へ 次に進む→