■TOP > ロンドン・ベルリン500時間 > 早朝のベルリン

■■■ 35.早朝のベルリン  ■■■

 ベルリンの工場は朝の6時50分始業です。なのでホテルへのピックアップは6時半、なので一応5時半起きとしました。もちろんビュッフェは開いていません。準備は簡単に出来ちゃうので朝は時間があまりまくりです。というか朝の散歩がしたいっていう理由ですね。3月のベルリンだと6時くらいだとまだ夜が明け始める感じで、空がだんだんとオレンジ色に染まってくるのがいい感じなのですね。


【#492】顔合わせの翌日、ガンさん夫妻から「ご招待」があり、ベルリンの中心部にある「ヨーロッパセンター」なるところへ行き、ドイツ料理を振舞ってもらいました。なぜヨーロッパセンターという名なのかは分かりませ〜ん。

【#493】1Fのエントランス?にはこんな水時計のオブジェがあります。なんだか良く分からないものですけど、とりあえず撮るのがデジカメ番長なのです。。




【#494】顔合わせの翌日、ガンさん夫妻から「ご招待」があり、ベルリンの中心部にある「ヨーロッパセンター」なるところへ行き、ドイツ料理を振舞ってもらいました。なぜヨーロッパセンターという名なのかは分かりませ〜ん。

【#495】1Fのエントランス?にはこんな水時計のオブジェがあります。なんだか良く分からないものですけど、とりあえず撮るのがデジカメ番長なのです。。




【#496】顔合わせの翌日、ガンさん夫妻から「ご招待」があり、ベルリンの中心部にある「ヨーロッパセンター」なるところへ行き、ドイツ料理を振舞ってもらいました。なぜヨーロッパセンターという名なのかは分かりませ〜ん。

【#497】1Fのエントランス?にはこんな水時計のオブジェがあります。なんだか良く分からないものですけど、とりあえず撮るのがデジカメ番長なのです。。



【#474】ん。 【#475】1Fのるのがデジカメ番長なのです。 【#476】ガンた。私のドイツの父とさせてもらいました。   【#477】ガン欧から来たって言ってました。 【#478】これがドイツの肉(ません。 【#479】ガもんです。

 さてまた別の日、仕事が終わるちょっと前になるとガンさんが「今日はどうするんだ?」と聞いてきます。町へ繰り出そうという計画になってはいましたが、やはり人の好意を無にするのは大和魂が許しません。なのでガンさんに連れられて近くのショッピングモールに出かけました。ベルリンの街へ繰り出すのはそれから後でも良いということにしたのでした。

【#480】これをといろいろと教えてもらいました。でもガンさん、良く食べるんですね。我々は食傷気味です。 【#481】なかなか食が進みません。ガンさんはがんがん食べてます。自分がこんなに食べられないなんて意外でしたね。 【#482】いな感じなんですよね。なが〜くて吹き抜けが大きくあって・・・   【#483】ドイツだもんね、という事でソーセージが充実しています。 【#484】いろいろなソーセージがありますねぇ。 【#485】ハムも充実してます。   【#486】そいんですね。でも全部食べるのが大和男児です。 【#487】上から 【#488】仕事中のガンさん。

 ガンさん夫妻はなぜか私をえらく気に入ってくれたようで、毎日差し入れをしてくれるのです。でも毎夜の飽食が朝まで残っているため、朝はとっても食べれません。でもありがたいですねぇ。国境を越えてのフレンドシップです。

【#489】大ものをはさんで食べるのです。朝が7時前スタートなので、9時ごろに朝休みがあってみんなそこで食べてます。 【#490】これはパンそのままサイズ。 【#491】パンのめの粗さがわかるでしょ?
←前に戻る ↑ 目次へ 次に進む→