■TOP > アジアンワールド > 恵州・香港

■■■ 胃痛の恵州 ■■■

 四国を最後に海上&視界雲まみれってこともあったのと、ちょっとうつらうつらしてたら隣石のおばちゃんが窓を閉めちゃったってこともあって、かすめて通った台湾はどうだったかは分からない。しかしやっぱり香港上空は面白いはずで、地図を見ながら程よいところで窓を開けた。すると、香港の島が見えた。


◆外を見たら右下に飛行機が飛んでいた。ぶつからないと思うがこんなに近くに飛んでいるんだなぁ。

◆本当に小さな島だけど、周りに円弧のように軌跡を残すのは舟?それともイルカ?




◆撮った絵からGoogleMapsでどこなのかをパターンマッチで調べるのが好きである。そしてここが「大浪湾」と判明した。浜の形と色が全く同じである。

◆この海上に点々としているのはなんだ?とびっくりした。海上生活? 地図で見ると出てこないけど、Google Earth(写真)表示だときっちりこの点々が映っている。ブラボー。「企嶺下海」っていうみたい。




◆この3つの集落にちゃんと名前がついていた。右にあるのが「井頭村」左上が「○下村(漢字分からず)」そして左下が「馬○○」である。

◆下の山が「馬鞍山」である。いい感じで眺めもよさげ。是非登ってみたいぞ。この住宅地は「雅典居」だ。すごいね。高層ビル群だね。




◆遠くに見えたのが「舟湾海」。こういういかにもアイコン的なところを撮っておくと、あとあと場所特定が楽になるのである。

◆先ほどの「雅典居」を別角度から。この競技場もいい目印。




◆ホント、高層ビルに囲まれているんだね。

◆多分河口である。「城門河」の河口の「沙田海」だね。




◆遠くに真っ白な観音様が見えた。手前の城壁なようななのはいい目印になる。「The Beverly Hills」だ。高級住宅地かな?

◆後日談を聞くと、ほとんど酒代だったらしい。水のように飲むんだよね。まあ料理はおいしゅうございました。手が伸びているのが嵐二宮好きのゴット姉ちゃんである。




◆二日目はしゃぶしゃぶ。ここも高かった。俺としては中国のローカルが食べるようなお店で、ローカルが食べるような中国の料理を食べてみたいんだけどね。GWのプライベート広州ではそれが楽しかったのだよ。

◆ホテルのバイキング。結構おいしくて食べ過ぎてしまう。




◆あっという間に帰国だ。帰りも窓側だけど、やっぱり翼の上。まあ帰りもほとんど雲の上だったので悔しくないけどね。

◆相模湾沖。夕陽が海に反射して結構いい感じである。遠くに見える富士山がまたいいねぇ。日本に帰ってきた感じがいいのだよ。




◆左旋回で左の窓から見えるのは千葉内房の工業地区である。

◆777さん、ご苦労様でした。




◆左旋回で左の窓から見えるのは千葉内房の工業地区である。

◆777さん、ご苦労様でした。




◆左旋回で左の窓から見えるのは千葉内房の工業地区である。

◆777さん、ご苦労様でした。




◆左旋回で左の窓から見えるのは千葉内房の工業地区である。

◆777さん、ご苦労様でした。




◆左旋回で左の窓から見えるのは千葉内房の工業地区である。

◆777さん、ご苦労様でした。




←前に戻る ↑ 目次へ 次に進む→