■TOP > ロンドン博物館探検 > まずはエジプトで度肝を抜かれる

■■■ まずはエジプトで度肝を抜かれる ■■■

 なんと言っても大英博物館のハイライトはエジプトセクションでしょう。日本だったら数点ちょこっとあるだけって感じのものが、それこそ感覚が麻痺しちゃうくらいにそこいらじゅうに置いてあります。それにいけないのかもしれませんが、簡単に触れちゃうんですね。何1000年も前の作品がこんな完璧な形で残っているなんて、すんばらしですねぇ。でも展示物はほとんどなんだか分かりません。そのへんは多めに見てね。

【#015】 グレートコートから左側を向くとそこがエジプトへの入り口です。 【#016】 いかにもエジプト然とした石物です。
 
【#017】 同じようなのを発見。こちらはあごひげ?も鼻先も完璧に残っています。02年の3月に撮影。 【#018】 02年の9月に再度訪れたときにも同じようなアングルで撮ってました。私のアングルクセなのか、そこしか撮るところがないのか、全く同じアングルなのです。おもしろいなぁ。こういう同じアングルが他にもたくさんありました。
 
【#019】 いかにもエジプトっぽい帽子をかぶった顔。 【#020】 石がちょっと高級っぽいです。アゴがかけちゃってますね。
 
【#021】 おお、すごい髪型の女性です。 【#022】 動物はそのまんまなのですね。
 
【#023】 おお、動物の頭に人の体って言うのが、エジプトの妙です 【#024】 足は今でも通用するようなリアルなものです。指がちょっと長いです。
 
【#025】 ふくろうのようですけど、顔がなんとなく人デフォルメがはいっている? 【#026】 足はやっぱり鳥っぽいです。
 
【#027】 動物と人間のハイブリット。エジプトの歴史はからっきしわかりませんが、こういうタイプはきちんと説明がついているのでしょうね。 【#028】 ちょっと不思議。意味が良く分かりません。
 
【#029】 犬系と女性が合体! 【#030】 こんな感じでガラスケースに入っているわけでもなく当然入っているものもありますが)、お客さんにすごく近い状態で展示されています。もう生で目の前ですから、こういうものに造詣が無い私でも、何か見入っちゃったりしました。



←前に戻る ↑ 目次へ 次に進む→