■TOP > ロンドン博物館探検 > ギリシアで目覚める

■■■ ギリシアで目覚める ■■■

 ギリシアっていうとやっぱり彫刻が思い浮かびます。美術の時間のデッサンとかしかなじみがありませんが、じっくり見てみると意外や意外、心に響くものがありました。俺って開花したのか?。

【#087】 こんな大きな空間に神殿を移管してきました。ちょっと違和感ありますが、疲れたときに休憩所に最適でした。 【#088】 人の家のものをここまで持ってきちゃうっていうのも、なんだかなぁ?って。
 
【#079】 ここもこの広い空間にたくさんの壁彫刻などが展示されています。ここではまだ響いていませんね。 【#080】 頭が無いのは取られちゃったから?
 
【#091】 これだけ並べられると、町外れの石屋さん?って思えちゃったり。やっぱりセンス無いのかも。 【#092】 延々と続く壁。
 
【#093】 彫刻にでてくる男はみんな”マッチョ”です。昔の人がみんなマッチョだったのか?オデブちゃんをモデルにしなかったのか?どっちなんでしょ? でもこういうお腹にあこがれますのぉ・・・ 【#094】 やっぱり女性は美しいです。やわらかい感じに美を感じちゃいました。
 
【#095】 顔のマンガ絵を描くときに鼻から眉にかけて1本の線で書きますが、これはアングロサクソン系の顔なのですね。美しいねぇ。 【#096】 いやらしさなんて全く感じなく、柔らかさに目が釘付けになりました。
 
【#097】 3月に撮ったもの。フラッシュ使いました。 【#098】 9月に撮ったもの。ノンフラッシュ。意識してませんが、全く同じアングルになってます。そういう写真がたくさんありました。自分の傾向がよくわかって面白かったですね。
 
【#099】 手ぶれマークがでたので気合を入れて撮りました。そしたらスローシャッターのいいい感じが出てくれました。女の子が像を一生懸命見ているのに対し、周りのお客さんが流れています。結構お気に入りの1枚ですね。なので拡大可能 【#100】 髭が蛇っぽい?・・・まだまだ美術の造詣が甘いですねぇ。



←前に戻る ↑ 目次へ 次に進む→